<メニュー>
ご挨拶
会社概要
経営理念
沿革
本社アクセス
関連企業リンク
会社紹介(pdf版)
 沿革
1968(S43)年12月 笹川賢二、鈴木久雄、矢島正幸の3名の電気技術者が、東京
都品川区五反田に資本金100万円にて 永昇電子株式会社を創
業した。
1969(S44)年 8月 黒田精工向けに、トランジスタ式放電加工機用高周波電源を
開発した。
1970(S45)年 4月 超低周波発振器を開発・販売を開始。その後も、様々な計測
器、計測システムを開発した。
1974(S49)年 4月 本社工場を横浜市港北区高田町に新設し、移転した。
1984(S59)年12月 超音波洗浄機(最高10MHz)の電源のOEM製造を開始した。
1986(S61)年 3月 本社ビルを増築(総建坪537u)した。
1987(S62)年 6月 黒田精工製工作機械向け制御盤の製造を開始した。
1988(S63)年 4月 新型超低周波発振器(0.001〜10MHz)のOEM製造を開始した。
2010(H22)年 4月 X,Y,Z軸にボールネジを採用した自社用電子部品実装機を開発。
プリント板への電子部品実装の内製化を開始した。
2014(H26)年 4月 新たにファナック製ゲンコツロボットを搭載した自社用電子
部品実装機を開発。電子部品実装の実装速度や使いやすさが
格段に向上した。
2015(H27)年 7月 ファナックロボット会に入会した。